薄毛や抜毛は何故起きるのか?

最近何故かやたらと髪の毛が抜けるなぁ。

何となく髪の毛が薄くなってきたかも・・・・。

髪の毛が昔と比べると細く弱くなった気がする。

そんな事を感じる人は危険信号間違いなしです。

しかし、多くの人は抜毛が多少増えても、髪の毛が弱くなってもあまり気にはしません。

禿げが自分に降りかかるなど多くの人が自分とは無縁の事だと思っているからです。

禿げなんて自分には関係ない、髪の毛が弱くなってもまさかそれが禿げに繋がるとは思っていない人が多いのです。

その為、対処が遅れ完全に禿げてしまったり、取り返しがつかない状態にまで放置してしまうのです。

現在は一昔前とは違い、禿げの原因が遺伝一本やりの時代とは変わりました。

もちろん遺伝が無関係と言う訳ではありません。

ですが、現在最も重要視されている禿げの原因はAGAと言う男性型脱毛症です。

今育毛業界ではこの男性型脱毛症に注目が集まっています。

遺伝では手も足も出なかった訳ですが、男性型脱毛症であれば改善する道筋が見えるからに他なりません。

その為、男性型脱毛症に効果がある成分を各社が競って探っている状態です。

更には、そう言った性質を持った育毛剤や育毛サプリ、または服用薬が次々開発されているのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ