男性型脱毛症のメカニズム

薄毛抜毛の主な原因は男性型脱毛症です。

ですが、男性型脱毛症とはどんなものでしょうか。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過多や分泌異常が起因となります。

男性ホルモンと5aリダクターゼと言う体内にある還元酵素が結び付くのです。

この2つが結合するとジヒドロテストステロンと言う強力な脱毛作用があるホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンが育毛のサイクルを著しく乱し、脱毛サイクルを早め、発毛のサイクルを遅くするのです。

その事で脱毛に発毛が追い付かなくなり、薄毛になり、やがては禿げに至ってしまうのです。

男性型脱毛症は進行性で、放置すれば必ず禿げていきます。

治癒力や、自己免疫などで自然に改善すると言う事は皆無ですし、一切期待しない方が良いでしょう。

男性型脱毛症には顕著な特徴があり、前頭部つまり生際と頭頂部を中心に起こります。

しかし、禿げは基本的にこの部分から始まるケースがほとんどで、他の部位から禿げるケースはほとんど見受けられません。

よって、禿げの原因はそのほとんどが男性型脱毛症に起因するものと言っても過言ではないでしょう。

つまり、男性型脱毛症さえ克服することが出来れば、禿げの人の大部分は禿げを改善できると言う事なのです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ